コレステロール 青汁

 

青汁の飲むと血液サラサラに!

 

血液がドロドロになるのはよくないと言います。血液がドロドロの状態は高血圧の要因になったり、動脈硬化を起こす確率が高くなるので、健康で元気な体を維持するには、血液をサラサラにしておくのが大事です。青汁は血液をサラサラにしたり、血流を良くしたりする効果があると言います。その理由について見ていきましょう。

 

*ドロドロの血は美容にも健康にも良くない!
血液はサラサラが良くてドロドロはダメと言います。ではドロドロになると何が良くないのでしょう?血液がドロドロなのは、血中に糖質や脂質が多くなり、流れが悪い状態です。こうなると、血管の中を通るときに圧力が高まり、高血圧になる可能性が上がります。また脂質が多くなると、中性脂肪や余分なコレステロールが血管に溜まって動脈硬化の要因になることもあります。血流が悪くなることで、体が冷えやすくなり肌がくすむこともあります。ドロドロの血液は、美容にも健康にも大きな影響をもたらします。

 

*血液をサラサラにするのに青汁が有効?
野菜を多く摂る人は、血液がさらさらしていると言われます。これは野菜の中のミネラルやビタミン、食物繊維の働きのおかげです。中でもビタミンEとビタミンC、ポリフェノールは抗酸化作用が高く、コレステロールの酸化を防ぎ動脈硬化を防ぎます。

 

他にも食物繊維はコレステロールの低減を補助するので、高脂血症などの脂質異常症の予防にも効果的です。現代の食生活は、野菜が不足しがちになります。野菜不足になるとミネラルやビタミン、食物繊維も足りなくなり、血液がドロドロになりやすくなります。食生活に青汁を足すことは、野菜の栄養分を補って血液をサラサラにするのに有効と言えます。

 

ここ数年では、青汁にも含まれるピラジンという成分です。ピラジンは植物などに含まれる香り成分ですが、血栓を予防する効果が期待されています。ピラジンが多いのはピーマンやセロリ、キュウリという青臭さの強い野菜ですが、青汁の原料の明日葉やケールにも含まれています。

 

ダイエット・デトックス作用も

 

野菜のありとあらゆる栄養素の集合体ともいえる青汁。食物繊維が豊富であることから便通に効果があることは有名ですよね便通が良いという事は体内の老廃物が排出されるわけで当然デトックス効果、肥満対策にも有効ということです

 

人体は体内に毒素が蓄積され続けると倦怠感やむくみといった症状がでます。余分な水分がたまり悪化して水太りに、そして強くなった倦怠感によって運動が億劫に、そして肥満へとつながっていくのです。

 

便秘による悩みはやはりぽっこりお腹。便秘解消で下腹もきゅっとひきしまり肥満ともおさらば。つまりは、肥満解消にはまず便秘からで便秘解消には食物繊維、ひいては青汁なんです

 

青汁の食物繊維は胃中にしばらくとどまり満腹感を高め、食事の減量に無理なく取り組める利点があります肥満体に多い中性脂肪は人体にカロリーが不足したときのエネルギー源なのですが、現代人の食生活にカロリー不足は野菜不足ほど深刻ではありません。ゆえに、余計なカロリーばかり蓄積されることになり、肥満に拍車をかけているのです青汁に含まれる明日葉のカルコンというポリフェノールはカテキン同様に脂肪燃焼を補助し、中性脂肪の減少に努めてくれます

 

肥満他の解消は空腹との闘い。そのサポートに青汁は最適です減量に挑みつつ栄養もしっかり補う事ができ、肥満体のダイエットには自然で優しい味方となるでしょう

 

失敗しない青汁の選び方

 

青汁を選ぶときには、どういったことを考えて選べば良いのでしょうか。あまりにも多くの商品が出ている青汁は、もはや選ぶのが難しくなってきています。いくつかポイントとなる部分をお伝えしましょう。

 

青汁を選ぶときには、目的をまずしっかり考えましょう。どうして青汁を飲むのかということです。哲学的に考えず、青汁を飲むことで何を得たいのかということをしっかり考えます。それがハッキリすると、それだけで青汁はかなり絞られてきます。原材料や飲むべきタイプ、様々なものがわかってきます。

 

次に、自分の生活スタイルを考えてみましょう。しっかり続けるにはどういった青汁なら良いでしょうか。味が良いものか、購入に手間がかからないものか、いつなら青汁が飲めるのか。こういったことを考えてみても、だいぶわかりやすくなるはずです。なんとなく選ぶ人は青汁を選んで飲んでも長続きしません。それによって、得られる健康効果がありません。

 

何となく選ぶ人というのは、青汁に対して「健康になりたい」と漠然とした健康効果を期待し、とりあえずお店に行って一番コストパフォーマンスの高そうなものを選ぶ、というパターンです。しかしながら、こういったものはお店やメーカーのさじ加減ひとつで変わってしまいますから、正直に言ってあなたの健康や目的、生活スタイルとは何の関係もないのです。ですから、ちゃんと自分に合った青汁を選ぶべきで、そのためには自分の状態についてよく考えることが必要です。青汁のことばかりを考えると失敗しますので、まずは自分について考えて、それから青汁について考えましょう。

 

青汁とグリーンスムージーはどっちが健康に良いの?

 

近年健康ブームが加速しつつありますが、中でも青汁の人気はめざましいものがあります手軽に、豊富な食物繊維をはじめとした栄養補給が可能なうえ生活習慣病の予防にもなりますしダイエットをしたい方にも人気を誇っていますしかし中には青汁の味が駄目という人もいて果物軟化が入っていて飲みやすいグリーンスムージーなんかも人気。両者の購入目的ははっきり分かれていて青汁は健康に、スムージーは主に女性のダイエット目的が多いです

 

あるいは、野菜嫌いが多い小さなお子さんに飲用させるためという方も。基本的にどちらも豊富な栄養素がありますし効果もさほど差はなく相違点と言えば年齢層や使用目的ぐらいでしょうもうひとつあげるとすれば、青汁は食事に加えた栄養補給、スムージーは基本ダイエット目的なため一食置き換えて利用する点など

 

どちらも健康ダイエットに重宝するドリンクですとくにスムージーは満腹効果を与えるのでダイエットかつ健康を損なうのを避けたい女性には食事に置き換えつつ必要な栄養も摂れ楽しくダイエットが可能。な反面良くも悪くも果物と一緒に作られるものですから緑黄色野菜の不十分さや多少カロリーオーバーの可能性も。

 

また不溶性食物繊維が多いです。食物繊維には水溶性と2種あり不溶性は大量に摂ると便秘解消はおろかお腹が張ったり逆に悪化させたりという事態になる場合もあります

 

購入者の目的が異なる点でありますが栄養価の高さはほぼ同等、しいて言えば糖分の差か価格ぐらいで健康維持を主に考えるならばどちらでも変わりないように思います

 

青汁以外に何がある?コレステロールを下げる飲み物

 

コレステロールを手軽に下げる方法として、コレステロールを下げる成分が入っている飲み物を摂取する方法があげられます。今回は、コレステロールを下げる飲み物をご紹介します。

 

お茶

 

お茶は日本人には身近な飲み物で、昔から親しまれているものです。また、お茶には様々な薬効成分が含まれており、健康面で効果が期待できます。お茶に含まれているカテキンという成分は、お茶の渋みの元となっています。また、カテキンは血液中の悪玉コレステロール値を減らす働きがあります。善玉コレステロールは減らさないので、コレステロール値が気になる方には有効な飲み物と言えます。

 

烏龍茶

 

烏龍茶は中国で親しまれているお茶で、日本でも広く販売されています。烏龍茶ポリフェノールはカテキンの集合体で、コレステロールを体外へ排出する働きがあります。また、烏龍茶ポリフェノールには抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。烏龍茶は糖の吸収を防ぎ、血糖値を下げる効果もあります。このため、脂肪分の多い料理には烏龍茶を一緒に飲むことで血糖値の急激な上昇を防いでくれます。

 

紅茶

 

紅茶は緑茶を発酵させたもので、イギリスなどの海外で飲まれていました。現在は日本でもポピュラーな飲み物として広く親しまれており様々な種類の紅茶が販売されています。緑茶に含まれているカテキンは紅茶に発酵する過程でポリフェノールに変化します。このポリフェノールは紅茶の色や渋みの元で、独特の風味を出してくれます。また、ポリフェノールの中でも紅茶に含まれるテアフラビンという成分に強力な抗酸化作用があり、悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。

 

高コレステロールは大病の原因に!

 

☆コレステロールの予防方法
【アルコールとの関係】
適量のアルコールは、血液中の悪玉(LDL)コレステロールを減らし、善玉(HDL)コレステロールを増やす働きがあると言われています。悪玉(LDL)コレステロールが多い動物性脂肪や卵ばかり食べていると、動脈壁にコレステロールが蓄積されて、動脈硬化を起こす原因になります。適量のお酒を飲むことで善玉(HDL)コレステロールが増えれば、動脈壁に蓄積された悪玉(LDL)コレステロールは取り除かれ
動脈硬化を予防できます。

 

アメリカの研究では、1日で日本酒に換算して1〜2合の飲酒をする人が、心臓疾患のリスクが最も少ないという結果が出たそうですつまり、適量のアルコールは長生きにつながるそうです。ただし、飲み過ぎには注意が必要です。適量を超えた途端に心臓疾患や死亡率は高くなります。

 

善玉(HDL)コレステロールを増やす適量は、お酒で1合・ビールで大瓶1本・ウイスキーでダブル1杯です。アルコールを過剰摂取すると、肝臓疾患が起こりやすくなります。何故ならば、アルコールの分解は全て肝臓で行われるからです。そこで、アルコールと一緒に食べる「おつまみ」も動物性脂肪が多い料理ばかりを食べてると、肝臓への負担が増して、肝臓疾患を起こすことになります。

 

アルコールには1g当たり7calのエネルギーがあります。飲み過ぎると、すぐにエネルギー過剰になって、中性脂肪が増えて、糖尿病・肥満の原因に…。中性脂肪が増えてしまうと、適量のアルコールを飲んでも、善玉(HDL)コレステロールが増えないので、血液中のコレステロール値が高くなるとも言われています。適量のお酒と脂肪の少ない食事の組み合わせで、精神的にも肉体的にも良い効果が期待でき、ストレス解消にも、おおいに役立つのではと思います。

 

コレステロールの正常値。あなたは大丈夫?

 

健康診断などでコレステロール値が高いと指摘を受け、生活習慣を見直しなさいと言われることがあります。多くの人はコレステロール値が高い=深刻と考えるのですが、実はコレステロール値が高いことで今すぐに日常生活に支障が出るような病気などにかかるわけではありません。ですがコレステロール値が高いことで次のステージに進んでしまうと動脈硬化などに陥りやすくなり、さらに心筋梗塞や脳出血など深刻な問題が生じる為、これらの病気を予防する観点からコレステロール値が高い場合に注意を受けてしまうのです。では正常なコレステロール値はどのくらいなのでしょうか。

 

コレステロールの正常な値は総コレステロールが130〜220r/dlとなっています。ではこの数値の範囲内で値が低ければ低いほど健康を維持できるのではないか?と考える人も多いでしょう。ですがコレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがありそれぞれが生命の維持に必要な役割を持っている為、それぞれで正常な値があります。善玉コレステロールは40〜70r/ dl、悪玉コレステロールは60〜139r/dlとなるのです。悪玉コレステロールは細胞膜などの生成やホルモンの材料となり、この時に増えすぎた悪玉コレステロールを取り除くのが善玉コレステロールであり、どちらもいらないものではありません。

 

普段から健康診断などで自分のコレステロール値を把握することで普段の生活でどのような部分を見直すべきかなどがわかるようになるのではないでしょうか。

 

野菜不足の解消に!栄養バランスの整った青汁を飲もう

 

現代人には深刻な野菜不足という問題が付きまとっています日本の栄養士も生活習慣病の予防のためにも一日350g以上の野菜摂取を勧めている現状しかし実際の成人の摂取量は平均286.5g、特に若年層の野菜不足は理想摂取量を下回る結果が目立ちますそこで注目されるのが青汁。

 

病になりやすい、なりにくいは免疫力が関係しています。食事・運動・睡眠などにも左右される免疫力は精神状態からも影響を受けやすいですその免疫力向上には腸内環境が大切。なぜなら免疫機能は腸に多く集まっているから

 

青汁には豊富な食物繊維があり、食物繊維は腸内環境整備にこれ以上ない成分。体内の老廃物の排除に働きそれが免疫力に変わっていくのです

 

過食による内臓疾患には気を付けたいですね。ゆえに内臓の回復に青汁を強くお勧めします内臓疾患は当然ながら体にあらゆる不具合を起こし、たとえば肝臓は少ないダメージならまだしも限度を超えると肝不全に陥る沈黙の臓器と言われるだけあって自覚症状がなく手遅れになりやすいです

 

内臓疾患において大切な栄養素はタンパク質、ビタミン、ミネラル。青汁を豆乳割りなどにすれば低カロリーでお勧めですし青汁の主成分ケールや大麦若葉にはビタミン・ミネラルがたっぷり。代謝を助け肝細胞の修復に働きます

 

赤ちゃんが欲しいと考え始めている人、妊娠しやすさや赤ちゃんを授かった後のためにも健康な体作りを頑張りましょう青汁はビタミンミネラルをはじめとした様々な栄養素があり

 

女性だけでなく不妊に悩む男性にも効用が。しかし体作りとはもちろん一朝一夕の話ではありませんから早いうちから始める事ですそして青汁を飲用したから必ず命を授かる、というわけでもありません。けれど妊娠した後には必ず効用が活かされるはずです